レーシックで定評のクリニック

レーシック-カテゴリ

レーシック 最新ニュース

2009年2月25日東京都中央区の保健所は、東京都中央区の銀座眼科(溝口朝雄院長)でレーザー光線を使い近視を矯正するレーシック手術を受けた患者67人が角膜炎などの感染症を発症した問題で、2人が入院し19歳の女性は失明の恐れがある重症に陥っていることを明らかにした。

保健所は医療器具の滅菌不足が原因と発表、23日から施設全体の使用を制限し、再発防止を指導した。

日本眼科学会のガイドラインでは、レーシックを行うには眼科専門医に認定される必要があるが、溝口院長は専門医ではなく、今年1月に医療器具の滅菌装置を交換するまで、一度も点検していなかったことを明らかにした。

溝口院長は25日、記者会見し「心からおわびする」と陳謝。

日本眼科学会常務理事の大鹿哲郎筑波大教授はレーシックの感染症は通常、患者5000人に1人とし「国内では考えられない被害」としている。 厚生労働省は同日、レーシックを行う医療施設に院内感染防止の徹底を指導するよう都道府県などに通達した。

保健所によると、銀座眼科は2006年8月に開設。昨年9月下旬から今年1月中旬まで、639人の患者がレーシックを受けたが、2月23日までに67人が感染性の角膜炎や結膜炎を発症していた。

2月5日、保健所にほかの病院の医師から「銀座眼科でレーシックを受けた患者が通院している」との情報が入り、18日に医療法に基づき立ち入り調査を実施した。 2度目に立ち入り調査した20日に手術室の使用を制限、23日の立ち入り調査で衛生管理が改善されるまで施設全体の使用を制限した。 保健所は、眼球などを固定する器具の滅菌が不十分で、手術室に手洗い場がなかったことなどから、感染症が集団発生した可能性が高いとした。(共同)

これらからも判るとおり、十分に事前の下調べや基礎的な知識を得てからレーシックに臨まれることをお勧め致します。

尚、本サイトでご紹介しております銀座近視クリニックは、被害を訴えた眼科と名前が似ておりますが、一切関係は御座いませんのでご安心下さい。