レーシックで定評のクリニック

レーシック-カテゴリ

相互リンク募集中

その他情報

視力を回復したい方必見!レーシックの種類を知る

一般にレーシック(LASIK)と言われているものには数種類あります。

それぞれの症例や検査に拠って施術方法なども様々でしょう。自分が治療するとなると、どれがいいのかわからないものです。実際に検査を受けてみるのが一番です。ただし、眼科の先生も自分でやったことがない治療法のことは、なかなかコメントしづらいのが本音かもしれません。その為に何処のクリニックでも良いというわけではありません。必ず事前に貴方が受診するおつもりのクリニックの事は十分に下調べしてから検査を受けられる事をお勧めいたします。是非ご自分にピッタリの治療法を見つけてください。

レーシック

フラップと呼ばれる蓋のようなものを作って角膜の表面を切りはがし、角膜実質層と呼ばれる部分にレーザー照射するという方法です。痛みが少なくブレイクのきっかけになっただけあって、症例数も圧倒的に多く、まだまだ人気の治療法です。

イントラレーシック

レーザーで正確なフラップを作る、最新のレーシックのこと。基本になるのはレーシックなので、ノーマルレーシックの経験豊富な医院がベストです。

ウェーブフロントレーシック

フラップの作り方は、他の方法と同じ。患者それぞれに応じたエキシマレーザー照射プログラムを決定し、より高い精度でのを照射します。複雑な乱視の人向き。

エピレーシック

レーシックとは異なり専用の器具で薄いフラップを作る。下のLASEKに代わる方法として注目されている最新の治療法で、導入クリニックはまだ希少。

ラセック

アルコールで薄いフラップを作る。視力安定にやや時間はかかりますが、格闘技をする人に向いている治療方法です。

フレックスPRK

レーシックのひと世代前の治療法。フラップは作りません。ただ、医療技術の向上により、医療機関によってその実力はレーシックに匹敵します。

フェイキックIOL

最強度近視(-10D以上)でレーザー治療ができない場合に行う眼内レンズ治療。見え方の質はレーザー治療以上らしいですが、ポピュラーではありません。